スキンクリームの魅力

スキンクリームは現在、保湿成分や美白成分など、素晴らしい成分がいろいろ配合されそれぞれの特徴を売りにして発売されています。特にスキンクリームは肌に浸透した水分や栄養素などを閉じ込めるために使われるものです。そのため少し油分が多めになっており、こってりとしたものが多くなります。しかし実際には、てかりやべたつきが嫌なのでスキンクリームを使用しないという人も増えています。それとともにスキンクリームでも油分が使われていないものなども発売されているようです。

確かにガサガサ肌をサポートするために、油性の強いスキンクリームを使うと、しっとりした感じになります。しかし肌の上から油性の強いものを塗ってもらえると判断した肌は、ますます皮脂を出さなくなるのです。そのため肌の本来の力が低下してしまうことにつながることもあります。本来はガサガサを油性で何とかするのではなく、保湿をしっかり行うことで肌独自の力がよみがえります。そのため保湿効果の高いさまざまな成分が、スキンクリームには配合されています。

そんな中でも最近注目されているのがシルクフィブロイン配合のスキンクリームです。シルクから抽出したタンパク質であるフィブロインは、美肌をつくる成分として申し分なし。シルクは天然素材ですが、その中には驚くほどの栄養素も含まれているのです。日本は昔からシルクを豊富に生産していた国であり、体質的にも日本人の体にシルクはぴったりなのです。