シルクの成分

シルク成分が今、美肌成分としても大人気。もともとシルクの粉などを使用したスキンクリームなど人気があります。最近の技術ではシルクの中のフィブロインという成分が今注目されているのです。シルクは吸湿性、保温性にも富み、紫外線カット、生体適合性も高い素晴らしい素材と言われています。

例えば手術用の縫合糸にも使われ、皮膚患者向けのガーゼ、次世代の人工皮膚にも使われているのです。また最近ではコンタクトレンズとしても利用されています。シルクの糸にはフィプロインとセリシンが含まれており、フィブロインのみ使用したスキンクリームが今、特にエイジングを期待している中高年の女性に人気です。

シルクは医療でも使われるほど、わたしたちの肌にもすぐになじみ、抵抗なく浸透していくことができます。そのため敏感肌の人にも安心して使えるのです。そして肌の細胞を再生する働きが、肌細胞の劣化した部分をよみがえらせてくれます。肌そのものの力を高め、ナチュラルにサポートする素晴らしい成分がシルクフィブロインなのです。保湿、肌の再生、紫外線防止、抗菌など魅力はいっぱいあります。そのためこのシルクフィブロインが配合されたスキンクリームに、熱い目が向けられているのです。

シルクの魅力

綺麗な肌は女性としてとても大切なこと。特に中年になると女性ホルモンが低下することによって、ますます美肌を大切にしなければならなくなります。そんなときにもスキンケアは重要な働きをしてくれるのです。特に肌には保湿が重要ですが、最近注目されているのがシルクフィブロインという成分です。

名前のとおりシルクが原料。昔からシルクには素晴らしい力があると言われていましたが、このシルクはセシリンとフィプロインという2種類のタンパク質に分解されます。そしてこのフィブロインをスキンクリームに配合したものが人気となっているのです。このシルクフィブロインは紫外線から肌を守り、シワやたるみもサポートするという働きがあるため、アンチエイジングにもおすすめと言われているのです。

もちろん保湿効果は抜群。そしてこのシルクフィブロインの特徴としてタンパク質に付くという性質があるため、界面活性剤などがなくても、毛穴の汚れまで取り出してくれるという力もあるのです。つまりシルクフィブロイン配合のスキンクリームを付けることで、スキンケアだけでなく、毛穴の中の汚れまで取ってくれるという、他の成分とは違った独特の魅力があります。敏感肌の人にも安心して使えるナチュラルな、とても優しい成分と言えるのです。

スキンクリームの魅力

スキンクリームは現在、保湿成分や美白成分など、素晴らしい成分がいろいろ配合されそれぞれの特徴を売りにして発売されています。特にスキンクリームは肌に浸透した水分や栄養素などを閉じ込めるために使われるものです。そのため少し油分が多めになっており、こってりとしたものが多くなります。しかし実際には、てかりやべたつきが嫌なのでスキンクリームを使用しないという人も増えています。それとともにスキンクリームでも油分が使われていないものなども発売されているようです。

確かにガサガサ肌をサポートするために、油性の強いスキンクリームを使うと、しっとりした感じになります。しかし肌の上から油性の強いものを塗ってもらえると判断した肌は、ますます皮脂を出さなくなるのです。そのため肌の本来の力が低下してしまうことにつながることもあります。本来はガサガサを油性で何とかするのではなく、保湿をしっかり行うことで肌独自の力がよみがえります。そのため保湿効果の高いさまざまな成分が、スキンクリームには配合されています。

そんな中でも最近注目されているのがシルクフィブロイン配合のスキンクリームです。シルクから抽出したタンパク質であるフィブロインは、美肌をつくる成分として申し分なし。シルクは天然素材ですが、その中には驚くほどの栄養素も含まれているのです。日本は昔からシルクを豊富に生産していた国であり、体質的にも日本人の体にシルクはぴったりなのです。