シルクの成分

シルク成分が今、美肌成分としても大人気。もともとシルクの粉などを使用したスキンクリームなど人気があります。最近の技術ではシルクの中のフィブロインという成分が今注目されているのです。シルクは吸湿性、保温性にも富み、紫外線カット、生体適合性も高い素晴らしい素材と言われています。

例えば手術用の縫合糸にも使われ、皮膚患者向けのガーゼ、次世代の人工皮膚にも使われているのです。また最近ではコンタクトレンズとしても利用されています。シルクの糸にはフィプロインとセリシンが含まれており、フィブロインのみ使用したスキンクリームが今、特にエイジングを期待している中高年の女性に人気です。

シルクは医療でも使われるほど、わたしたちの肌にもすぐになじみ、抵抗なく浸透していくことができます。そのため敏感肌の人にも安心して使えるのです。そして肌の細胞を再生する働きが、肌細胞の劣化した部分をよみがえらせてくれます。肌そのものの力を高め、ナチュラルにサポートする素晴らしい成分がシルクフィブロインなのです。保湿、肌の再生、紫外線防止、抗菌など魅力はいっぱいあります。そのためこのシルクフィブロインが配合されたスキンクリームに、熱い目が向けられているのです。